授乳の姿勢

ママヨガ
09 /25 2016
産後のママのお悩みは、ママの身体のことよりも、授乳のことが多いかもしれません。

授乳姿勢をいろいろ解説しているブログがありました。

ママは斜めに仰向けで、赤ちゃんが自然にママに近づく方向での授乳。
赤ちゃんとママが密着できる姿勢だそうです。

よくある授乳姿勢では、ママが下を向いて赤ちゃんを重力に逆らって抱き上げますが、
ママの背中が丸くなり、猫背になって、腕・肩が疲れます。

ママも赤ちゃんも、体格も骨格も筋力柔軟性も性格も、みんな違うので、
必ずこの方法が一番いいということはないですが。

この姿勢で授乳するには、移行動作を工夫したいですね。
考えてみます。

さいたま市祖父母手帳

つぶやき
09 /25 2016
夏頃、さいたま市の祖父母手帳の話題を目にしました。

マイナビニュース
『ここが変わった!子育ての今と昔』という見開きだけでも、ぜひ、目を通してみてください。

抱っこ、母乳育児、離乳食、日光浴…など、以前の常識は、今の非常識になることがたくさんありますね。

はじめに赤ちゃんの写真を貼るページがあったり、最後に緊急連絡先やかかりつけ病院記入欄もあります。
10ページ11ページが『ここが変わった!子育ての今と昔』ですが、他のページも面白いです。
ママパパが読んでおくと、親世代との感覚の違いが分かって無駄な衝突を防げるかもしれません。
さいたま市住民でないと手帳はもらえませんが、ネットで読む・ダウンロードは、できます。

子育て支援や病気けがなど緊急相談の情報は、お住まいの地域のものを探してみるのもいいですね。

全国の祖父母手帳を調べてまとめている方がいらっしゃいました。


A5で8ページなので、コンパクト

50ページ以上あってぎっしりたっぷり
 父子手帳もあり
 ダウンロードしないでホームページで読むこともできます。

子育ては、いつも目の前のことに必死で、過ぎたことは忘れてしまうので、
今、必要なことを知ることがてきるといいですね。

今日の続き

つぶやき
09 /25 2016
昨日の続きに今日がある。
今日の続きにあしたがある。

今の自分から、理想の自分へ、ぽんっ!と切り替わることを、ついつい願ってしまいますが、
シンデレラの魔法のような物はなくて、
今の自分の続きに明日の自分がある。
だから、急に素晴らしいブログになることはないです。

明日は今日とつながっている。
未来のことは分からないけれど、明日のことはだいたい分かる。

やりたいことを書き出して、
一つの項目について、詳しく分けて、順番を並び替えてみると、
具体的なイメージがなくてあいまいなものは、今日の続きではできない。
現在地から、踏み出す一歩は、今日の続き。

完璧を求めると、完了できない。
出来たところまで、または締切時間で、完了にする。
小さな成果の積み重ねが、大きな形を作る。

パソコンやインターネットなど道具の進歩で、見晴らしが良くなって、世の中には素晴らしいものがあることが分かるようになりました。
そこを目指してしまうと、いつまでもゴール設定できないので、
今日の続きの明日のことを考えようと思います。

ベビーのお昼寝タイムはママのリラックスタイム

つぶやき
09 /25 2016

小さなお子さまがいると、
子供がやっと寝たからその隙に家事をやる方もいらっしゃると思います。
でも、ベビーのお昼寝タイムは、ママのリラックスタイムにしましょう。
美味しいコーヒーを一杯飲む時間。
ストレッチをして深呼吸をする時間。
たまった疲れを癒やす睡眠。

せっかく子供が寝ているのに、家事をするなんてもったいない!
家事は、子供が起きているときに、子供の安全を確保した上でやりましょう。
子供は泣くのが仕事です。
自分の子供が泣いているとき、必ず泣きやませなければいけないということはありません。
赤ちゃんに、痛み強い不快感、空腹がなければ、泣かせてあげましょう。

ママのリラックスタイムにおすすめは、ゆったりティータイム。
簡単なストレッチと呼吸。
伸びをするのも大切です。
睡眠もおすすめです。

リラックスタイムといえば、私の場合はコーヒーです。
私の場合は、コーヒーがおいしく淹れられると気分もよくなります。

勝手に、私の好きなコーヒーランキング!
→→役に立たない情報ですね!

1位
ドトールコーヒー オリジナルブレンド ドリップコーヒー 100パック入り
→自宅で飲む&外出時に水筒に入れる

2位
セブンイレブンのレギュラーコーヒー
→出先でコーヒーが欲しいとき

3位
スターバックスの本日のドリップコーヒー
→同一日2回目は100円になるので、研修など長時間仕事する日に保温マグ持参で


電気ケトル

未分類
09 /24 2016
私はコーヒーが大好きです。
一杯分ずつパックになっているドリップコーヒーを愛用しています。

娘に「電気ケトルを買う前はコーヒーどうやって飲んでたの?」と質問されました。
コーヒーメーカーを使っていました。
電気ケトルを買ってから、コーヒーメーカーもやかんも使ってないですね。
ふだんは電気ケトルとは呼ばないで、ポットと呼んでいます。
電気ポットはJIS基準があるけれど、電気ケトルにはないようです。


電気ケトル 乳幼児のいるご家庭のみなさまへ


電気ケトルによるやけど事故に注意!国民生活センター(PDF)


電気ケトルは、熱い蒸気が上がったり、倒すと熱湯がこぼれるなど、小さな子供がいる場合は注意が必要なのですね。
電気ケトルには、事故防止のためのSマーク認証というものがあるようです。知りませんでした。


ゆげ(蒸気)は、子供の興味を引きます。手を伸ばして触りたくなるようです。
ゆげは、見た目では温度が分かりません。
冬の寒い日に吐く息が白くなる場合と電気ケトルから上がる場合と、見た目では熱さが判断できません。

炊飯器やケトルなど、熱い蒸気が上がるものは、子供の手の届かない場所に置く必要がありますね。

我が家に電気ケトルがきたのは、末っ子が小学校に入って数年後です。





kira2yoga

産後ママヨガ、ベビーヨガ、親子ヨガ、マタニティヨガ

(社)日本母子健康運動協会理事、マスター講師

kira2yoga[at]gmail.com

全米ヨーガアライアンス200時間YTTC修了
ヨガインストラクター
バギーエクササイズインストラクター((社)日本母子健康運動協会認定)、プレグナンシーボディーワーク(妊婦運動)指導者、マミーナボディメソッド(産後エクササイズ)指導者
ピラティスと妊娠中・出産後認定、出産後ママとベビーのYOGA認定、リストラティブヨガ認定、ポール・グライリー陰ヨガTT修了、IYCラジヨガ認定講師、フレックスクッションYOGA認定、エッセンシャルエクササイズ、

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。